月龍邸

スポンサーサイト

2012.04.04 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | pookmark |

入れた

2012.04.04 Wednesday 18:58
 ずっと放置していたので、IDもPWもすっかり忘れてしまった。
管理者が管理者ページに入れず、結果、放置される日々が続く。
やっと入れた。
敗因は―か_といったプログラマーが日常的に陥っているようなタイプミス。
そうこうしているうちにPCは新機種を導入してしまった。
で、何を更新するのか。。。。

お勧め本を3冊。

◆「デジタルコンテンツ法制 過去・現在・未来の課題」◆
増田雅史、生貝直人 著
(朝日新聞出版/1800円+TAX)
デジタルコンテンツに関わる法と政策について、
弁護士の増田氏と研究者である生貝氏が提示。

◆「一億人の英文法」◆
大西泰斗、クリス・マクベイ著
(東進ブックス/1800円+TAX)
600ページを超える大作。使うために不要な文法用語を排除し、
数学の公式のように矛盾を排除して構築された英文法書。
「現役高校生なら1週間で読破できるよ」と大西先生は言ったが、
「遅読の大人は?」と下手に質問したら
真剣ににらまれそうなので、言わないでおく。

◆「全国 感動のレストランお取り寄せ」◆
藤原浩 著
(グラフ社/1400円+TAX)
フードアナリスト協会スーパーバイザー、農林水産省「食のオフィシェ」など
を務める食の専門家が足と舌で集めた日本のおいしいもの集。

お気づきの方もいらっしゃると思うが、3冊ともに価格が安い!
これは、著作者の方々が、たくさんの人に読んでもらいたいと考えたからだ。
で、
もっと気づいてしまった方もおられると思うが、
一昨日は、大西・クリス両先生と池袋で総勢十数名で飲んでいた。
先週は増田・生貝両氏とミーティングで2カ月ぶりにお会いした。
藤原氏は、そのうちお会いするはずだ。たぶん。

5人に共通するのは、その道の専門家であり、
その道を志したことに真摯であり続けていること。

<その道に真摯であれ>
そういったのは
「マネジメント」の著者ドラッガーだったっけ。





etc. | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

週末の行動

2011.02.06 Sunday 20:07
週末の出没場所。
(お台場)日本科学未来館「テオ・ヤンセン展」
(銀座)日動画廊「昭和会展」
(青山)ビリケン商会「セーラー服コンプレックス」展
(渋谷)「上田風子」展オープニングパーティー(に乱入)

ART | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |

世界は、なかったことには、もうできない

2011.01.29 Saturday 22:38
ずっとココを放置していたにも関わらず、毎月コンスタントにアクセスしてくださったみなさま
ありがとうございます。
日常は、日々興味深く過ごしているのですが、いかんせん、公表できないことが多すぎて、何も書けない(笑)。
ま、そんなところでした。
現在、アフリカでは、チュニジア、エジプトをはじめとして「国」が大きく動いています。
これには「twitter」や「facebook」、「WikiLeaks 」が与えた影響は小さくないと語られています。
支配者階級が統制しているつもりが、知らぬ間に自分たちの知らない意思の疎通がなされて、大きなうねりに拡大。
じゃ、先導者や代表者を逮捕したり、軟禁して、サーバを停止すれば、それで終息するか?!
というと、状況はそんなに簡単ではないほどに、ネットワークは広がり、通信ツールは多様化してしまった。
誰かが権力を振りかざして、【鶴の一声】で終息できるような状況では、もはや、なくなっている。
もう、「インターネット」や
「twitter」や「facebook」、「WikiLeaks 」や「youtube」を知らなかった時代には、もう誰も戻れない。

コミック「デスノート」で、夜神月は「新世代の神」を自称していました。っけ。
この時代、誰が支配者になりえるのか?
誰が状況のコントロールをできるのか?

この課題について、多くの研究者が研究&情報交換を活発に行っています。
特に、若き研究者たちの視点に興味深いものがあります。
今回は、そんな一人、
東京大学大学院学際情報学府博士で、 クリエイティブ・コモンズジャパン理事生貝直人さんの「ポインツ・オブ・コントロール」という考え方に注目したいと思います。
2月1日、
総務省のサイトに生貝氏の論文がアップされるそうなので、
詳細は、そちら読んでくださいね。

1年前までは、アクセス元といったら「search」からのアクセスが多かったのに、最近は「twitter」と「facebook」からのアクセスが多くなりました。「facebook」組は、日本人以外の方も多いかと思われるので、ココの作り方も再考しないといけないなぁ。とちょっと考えては、いるのです。
WEB | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

アグネスホテルのルナール

2011.01.29 Saturday 12:10
すっかり放置していたら、ブログツールの使い方も忘れてしまいました。久しぶりの操作にジタバタ。

自由が丘「モン・サン・クレール」のオーナー・パティシェ辻口博啓氏が主宰する
「SUPER SWEETS」から2月11日に公開される映画「洋菓子店コアンドル」試写会関連の
イベントのお誘い。
試写会終了後には、深川栄洋監督とパティシエ辻口博啓氏のトークイベントと
劇中に登場したスイーツの試食会付きというもの。
映画のストーリーは、依子(戸田恵子さん)が経営する洋菓子店「コアンドル」を舞台に
見習いパティシエ(蒼井優さん)と、伝説のパティシエ(江口洋介さん)を
中心に展開する物語。
やさしい絵本のような映画。
深川監督の映像は、クセがなく素直な画面で、予想通りのところに目線が来てくれるので
安心して見ていられる。
(このあと「白夜行」と「神様のカルテ」が続々と公開される監督)
ヨーロッパのゴージャス&サプライズなsweetsをご存知の方々には、ちょっと物足りない
sweetsの映像かもしれないが、「洋菓子店」に並んでいるものとしては
現実にありそうで、それが「この映画を観たあとケーキが食べたくなる」と言わせる要因かもしれません。

試写の後いただいたのは、神楽坂アグネスホテル東京の「ル・コワンヴェール」のパティシエ上霜考ニさん創作によるコーヒー味に柑橘系の香りのケーキ「ルナール」。(予告編の最後に出てくるケーキ。)

終盤のシーンに、いつもお世話になっているアンリ・シャル・パンティエ銀座店のスタッフの方が出演されていて、ちょっとびっくり。
週末あたりに、ちょっと冷やかしに行ってみようかしら???と。




FOOD&TEA | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

クリスマスプレゼント?

2010.12.05 Sunday 11:03
コレ、町中で突然始まったら、たのしい。

- | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

放置っぷり

2010.11.16 Tuesday 22:27
 すっかりブログを放置しています。
twitter

facebook
にいます。
- | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

品川→市ヶ谷→末広町

2010.09.23 Thursday 18:00
カレンダー通りに休日を獲得できる生活に戻って3週目シルバーweek。
初日は品川から市ヶ谷へ。
◆品川【原美術館】
崔在銀さんの個展「アショカの森」
崔さんの作品を直に見るのは、東京・青山の【スパイラル】での企画展以来だから
20年ぶりだろうか。
木が素材なのは以前と同じだが、
以前は「高さ」への立ち上るような意識
今回は「広がり」に根付いていく意識
を感じる。
崔さんの作品からは素材から発する匂いに乗って、
崔さん自身の意識のようなものが立ち上がってくる。
それを「生命感」と呼ぶのは、安直すぎるか?

個展会場では、立体、映像、写真の作品が展示されている。
崔在銀展−アショカの森
2010年9月11日(土)〜12月26日(日)
開館時間:11:00〜17:00(入館は16:30まで)
       ※11月3日(祝)を除く水曜日は20:00まで開館(入館は19:30まで)
休館日:月曜日(10月11日は開館)、10月12日(火)
入館料:一般1000円、大高生700円、小中生500円

◆市ヶ谷【ミヅマアートギャラリー】
原美術館でバッタリ会ったTOMOKAWAさんと合流して
市ヶ谷のミヅマアートギャラリーへ移動。
松蔭浩之さんの個展会場で開催される松蔭さんと画家の会田誠さんとのトークイベントへ。
このイベントは、ミヅマアートギャラリーの三潴社長がtwitterで告知されていたもの。
通信ツール、コミュニケーションツールとしてのtwitterは、まだまだ活用し甲斐がある。
トークでは、松蔭さんと会田さんの仲良しぶりがほほえましい。
松蔭さんの作品は、一見だれにでもできそうなのだが、
よーくみると、基本的な技術の習得や、主題の租借ができていないと
『イロモノ』になってしまう危険性をはらんでいる。
高層ビルの間を綱渡りするようなハラハラ感とでもいおうか。
宙に浮いている少女の写真の指先の角度や
オノ・ヨーコさんもどきの映像での女性の顔が画面から消えるときの角度とか、
美意識の高さを感じる。
「ゲーンスブールじゃない松陰さんを見たのは初めてです」

「こちらが本業です」
とのご返答をいただいた。

会場には、松蔭さんの写真と立体、映像作品を展示。
松陰浩之「KAGE」
2010年9月15日(水)〜10月16日(土)
開廊時間:11:00〜19:00
休廊日:日・月曜日、祝日
入場無料

◆末広町【3331 Arts Chiyoda】 
連休2日目は、
ファッションフォトグラファーのレスリー・キーさんのトークイベント
レスリーさんと初めてお会いしたのは2002年12月24日、
高田馬場にあるライブハウスの楽屋。
前髪をゴムでちょんと結んで、大きな布バックをもった男性に
「あなたは、何をしている人?」
と唐突に人なつっこく聞かれたのが出会い。
そのときから「凄い〜〜〜〜〜〜!!!」人だなぁと思っていたら、あれよあれよという間に
アジアを代表する世界的なフォトグラファーになっていた。
トークイベント、相変わらず熱い。
たった一人で、まったくのゼロから、自分だけ信じて、一点の曇りもなく
やってきた人だけが持つ強さ。
イベント終了後に数年ぶりの再会
「覚えてますよ〜」
人なつっこい表情は、初めてお会いした日と変わっていない。
壁のなさ、境界線のなさ。
できるようで、できない、精神的なボーダレス。

3日目は、
wikipediaによると言語学者の
大西泰斗先生の講演会。
大著の山場を越えたばかりとのことで、ちょっとお疲れ気味ではあったけれど
濃い2時間。
日本の学校で6年以上学ぶ英語が、なぜ話せないのだろう?
日本人の英語の学び方を変えようとしている先生。

イタリア語の先生は来日7年で日本語を漢字を含めて流暢に使う。
「僕が日本語をマスターした時間より、
あなたが英語やイタリア語をマスターする時間のほうが短いと思う」
2人の先生が優秀であることを証明する最良の方法は
自分が2つの言語を使いこなせるようになることでしかない。
責任は重大だ(笑)。


ART | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

そうだったんだ

2010.09.23 Thursday 15:41
2008年に立てた2009年の「野望(?)」は瑣末なまでに具体的だったので
ほぼ達成できた。
2009年は
「2010年は楽して豊かな暮らし」
と茫漠としてしまったので
茫洋としたまま2010年は9月も中旬を過ぎてしまった。
まずいな〜。
今年の初めは、睡眠時間30分。そんな日もあったんだ、よく働いていた。
このときのお仕事がきっかけで、今の仕事につながっている。
愚直に頑張ることは大事。
WEB制作やプログラミングも勉強しに行ったし
新しい人間関係も一気に増えた。
数年間疎遠になっていた知人との再会も増えた。
次は残って課題をかたづけることに専念する。

気が早いが
2011年は、
今やっていることを少しでも専門化させること。
方向はそっち向きだ。

- | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

読み方と語源

2010.09.23 Thursday 15:31
 maquis
なんて読むのでしょうか?
そんな質問をたくさんいただくので、
こちらをごらんくださいね。

いじめられて森に逃げちゃったり、
自然発生的に誕生して、自然消滅していくあたり
がなんともほほえましいですが
結構、残忍だったりして
ひとごととは思えませんね(笑)。

辞書によっては「古語」「俗語」として掲載されていないフランス語辞書もあるようです。

歴史・古代史 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CHATANIXくんからのお知らせ

2010.07.16 Friday 23:52

La vie en rose

 クラシカル/ラウンジミュージック

Presented by CHATANiX  

@ 原宿La Donna 

http://www.la-donna.jp/about.html

201088(日曜日)   17:30会場 / 18:30開演 


クラシック音楽からラウンジ音楽まで様々なジャンルの音楽を

現役クラシックプレイヤーとオールジャンルプレイヤーによるジョイントコンサートでお楽しみ下さい。

BGMは、サウンドデザイナーCHATANiX(チャタニクス)による制作/選曲で、イベントのオーガナイズを勤めます。


st プログラムを現役クラシックプレイヤー、斉藤愛美(Soprano)オペラ歌と、芦沢真理(Piano

nd プログラムを現役オールジャンルプレイヤー、荒井紀子(Piano)と、木太美和子(Flute)にて

      「和」をテーマとしたオリジナル曲も発表演奏いたします。


心を込めた音楽をお届けしたいと思います

素敵な時間を、お料理と共にお楽しみください



*チケット代金

ブロンズコース ¥3500 (ミュージックチャージ)

シルバーコース ¥5500 (ミュージックチャージ + フリードリンク)

ゴールドコース ¥7000  (ミュージックチャージ + コース料理)

プラチナコース ¥8000  (ミュージックチャージ + フリードリンク + コース料理)

コース料理* 本日のオードブル+メインデッシュ+バケット http://www.la-donna.jp/restaurant-course.html

フリードリンク* ドリンクメニュー参照 http://www.la-donna.jp/restaurant-drink.html



<企画/制作>

株式会社 トリプルハーツ 

BGM2nd 選曲 CHATANiX 

http://ameblo.jp/chatanix/


<インフォメーション>

La Donna (ラドンナ)  原宿 

TEL 03-5775-6775 

http://www.la-donna.jp

住所: 〒150-0001 

東京都渋谷区神宮前4-28-21 ハーモニー原宿 地下1

フロア席 78席  カウンター席 8 

お電話でのご予約は11002330 となっております

<作品>

Nori☆Spika、K.miwako、Chatanixプロデュースによるテーマを『和』とした

オリジナルピアノソロ楽曲を、CD-Rにまとめて1000円にて販売することが決定。

ピアノで描かれる和世界の美しさを感じてください。これまでにトラックメーカーをやってきた

Chatanixとクラシック演奏者であるNori☆Spika、K.miwakoの3人が、

譜面よりオリジナル曲を制作し、演奏を繰り返し創り上げています。


『和楽』Piano Solo 

Tracks ;  01.MAIKO IN -United Kingdom/02.大和三山/03.Edo/04.はるかぜ/05.MAIKO IN -United Kingdom[Long Edit Version]

CD-R ¥1,000-


<アーティスト紹介>

斉藤 愛美(声楽家/SOPRANO)

洗足学園音楽大学 音楽学部 声楽科 卒業

同音楽大学専攻科 声楽専攻 終了

声楽を 浅賀千江子 松尾篤與 吉村友岐 各氏に師事


芦沢真理(PIANO)

日本大学芸術学部 卒業 同大学院芸術学研究科 終了

声楽の伴奏を中心に音楽活動をしつつ、

栃木県岩舟町の地域住民参加型ミュージカル<IWAFUNE>では

音楽スタッフとしてピアノ演奏だけでなく楽曲アレンジ、合唱指導に関わる等、

活動の幅を広げている。

これまでに、ピアノを 川野全史 國谷隆之 故 神野明  

伴奏法をA.Tasso 故 福森湘 の各氏に師事


荒井 紀子(PIANO)

洗足学園音楽大学 音楽学部 音楽学科 ピアノ科専攻 卒業

ピアノを 伊達ナナ 川崎周子 両氏に師事

卒業後KAWAI音楽教室ピアノ講師として勤務

同時に(株)セガ サウンドセクションにてゲーム音楽等のDTM制作に加わる

現在自宅にてピアノの講師として後進の指導にあたる


木太 美和子(FLUTE)

洗足学園音楽大学 器楽科 フルート専攻 卒業

在学中、洗足学園音楽大学ウィンドオーケスオラのメンバーとして

国内ツアーやヨーロッパツアー、CD録音に参加

様々なコンクール入賞と共にガラコンサートに出演。

卒業後は音楽教室の講師を勤めると共にTV収録やラウンジ等での演奏、

そして大小様々なリサイタルを行いフリーのプレイヤーとして活動中。

今年度からは、フルートトリオグループでの活動も再開。

現在までにFLUTEを大友 太郎 / Paul Meisen  /Vincent Lucas の各氏に

PIANOと室内楽を平峯 章生氏に師事し、現在も研鑽をつむ


CHATANiX(サウンドデザイナー)

スノーボード、サーフィンをはじめ、K-1須藤元気引退試合パフォーマンス入場曲、

北海道日本ハムファイターズ、ダンスダンスレボリューション(海外版)

Ehibition、Event、etc.に、楽曲提供している。 

リミックスワークでは、SUGIZO、B-DASH等、数々のアーティストと

コラボレーションしており、CD、DVD参加作品100タイトル以上、

オリジナル曲、提供用楽曲は1000タイトル以上にのぼる。


<出演アーティスト>

斉藤 愛美(声楽家/SOPRANO)

芦沢真理(PIANO)

荒井 紀子(PIANO)

木太 美和子(FLUTE)

<Live Time & Price>

OPEN 17:30~  CHATANiX(BGM)

1st       18:30~  斉藤 愛美(声楽家/SOPRANO)& 芦沢真理(PIANO)

休  19:15~ CHATANiX(BGM)

2nd   19:45~ 荒井 紀子(PIANO)& 木太 美和子(FLUTE)

Outro  20:30~ CHATANiX(BGM)

予定

ブロンズコース ¥3500 (ミュージックチャージ)

シルバーコース ¥5500 (ミュージックチャージ + フリードリンク)

ゴールドコース ¥7000  (ミュージックチャージ + コース料理)

プラチナコース ¥8000  (ミュージックチャージ + フリードリンク + コース料理)
















Check
EVENT | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    <*>