月龍邸

スポンサーサイト

2012.04.04 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | pookmark |

入れた

2012.04.04 Wednesday 18:58
 ずっと放置していたので、IDもPWもすっかり忘れてしまった。
管理者が管理者ページに入れず、結果、放置される日々が続く。
やっと入れた。
敗因は―か_といったプログラマーが日常的に陥っているようなタイプミス。
そうこうしているうちにPCは新機種を導入してしまった。
で、何を更新するのか。。。。

お勧め本を3冊。

◆「デジタルコンテンツ法制 過去・現在・未来の課題」◆
増田雅史、生貝直人 著
(朝日新聞出版/1800円+TAX)
デジタルコンテンツに関わる法と政策について、
弁護士の増田氏と研究者である生貝氏が提示。

◆「一億人の英文法」◆
大西泰斗、クリス・マクベイ著
(東進ブックス/1800円+TAX)
600ページを超える大作。使うために不要な文法用語を排除し、
数学の公式のように矛盾を排除して構築された英文法書。
「現役高校生なら1週間で読破できるよ」と大西先生は言ったが、
「遅読の大人は?」と下手に質問したら
真剣ににらまれそうなので、言わないでおく。

◆「全国 感動のレストランお取り寄せ」◆
藤原浩 著
(グラフ社/1400円+TAX)
フードアナリスト協会スーパーバイザー、農林水産省「食のオフィシェ」など
を務める食の専門家が足と舌で集めた日本のおいしいもの集。

お気づきの方もいらっしゃると思うが、3冊ともに価格が安い!
これは、著作者の方々が、たくさんの人に読んでもらいたいと考えたからだ。
で、
もっと気づいてしまった方もおられると思うが、
一昨日は、大西・クリス両先生と池袋で総勢十数名で飲んでいた。
先週は増田・生貝両氏とミーティングで2カ月ぶりにお会いした。
藤原氏は、そのうちお会いするはずだ。たぶん。

5人に共通するのは、その道の専門家であり、
その道を志したことに真摯であり続けていること。

<その道に真摯であれ>
そういったのは
「マネジメント」の著者ドラッガーだったっけ。





etc. | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

すべての動物は、世界の内にちょうど水の中に水があるように存在している

2010.01.22 Friday 21:27
鎌倉にある 神奈川県立近代美術館で開催中の内藤礼さんの個展へ。
その後は都内にもどって
コルテオ。
詳しいことは後日。
クリスマスのK−バレエカンパニー「くるみ割り人形」も
ワタリウムの「ルイス・バラガン邸 展」も
そもそもヴェネチアも
レポートしきれていない。 詳しいことは後日!

今朝、仕事を終えて5:30に寝て、6:00起きでお仕事スイッチを入れた。
一応30分だけ寝た。
その後、神田⇒渋谷⇒(昼前に解放されて)鎌倉⇒原宿な動向。
だから
今夜は、
寝る!!


etc. | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

ようやく。。。

2010.01.04 Monday 10:04
 本日の夜あたりから休暇に入る。
年末年始は『見せかけ休暇』。
休暇のくせに2回も完全徹夜で仕事しているって、『休暇』じゃないやい!!
今夜からは、うほほ〜!!正真正銘『休暇』。
水曜日もあるしるな〜。
・いけばな展へ行って
・ボルゲーゼ展へ行って
ベジャールの映画を観に行って
のだめも観ておこう。

2008年末に決めた「野望(?)」はメインの4つのほかに
「フィレンツェも行ってみたいサ」
「バングーオルフセンの電話器がほしいサ」
「エスプレッソマシン(ポットではない)もあったらよいなぁ」
「PCは1台では不安なので、仕事用に働くPCをもう、1台所望」
と、いろいろあったのだが、年末駆け込みでバタバタバタバタ〜〜〜〜〜〜
バタバタバタ〜〜〜〜〜〜
ふと、年があけてみると、
あら〜〜〜不思議ぃ〜〜
部屋の中にみなさん御そろいで。
なんかね、
在庫1台残りとか、
そのマシンだけ人気がなくて残っているから激安でいいやとか
たまたまいただいたりとか、
そんな感じでわが邸宅にやってきた。
言ってみるもんだなぁ。最後まであきらめちゃ、いかん。な。

「で、2010年はどんな「野望(?)」を?」
というご質問がパラパラと届いていますが
基本は原点に返って

楽して豊かな暮らし

でも決めるときは具体的じゃなきゃダメなんだ。
どこそこのメーカーの何番のアレがほしいというくらい具体的なところまで
自分の中でイメージを落とし込んでいないと、「野望(?)」は叶わない。
とりあえず、昨年見逃した
「ミッチーLIVE」
これ、ひとつお願いします。
以上。

2010年の年報「筋トレ」公開です。


etc. | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

才人にして善き人

2009.11.02 Monday 22:29

 「おひとりさま」というTVドラマのポスターがきれいだなぁ〜と思って見ていたら
カメラマンがレスリー・キーさんだった。
やはり!
最近お会いする人で、レスリーさんと一緒にお仕事をされた方々は決まってこう言う。
「また、レスリーさんと仕事がしたい」
「レスリーさんとお仕事をすると、元気をもらえる」
同感!!
彼の頭の中では超高速回転でアイディアが回っていて、
「嘆いている暇なんかないんだっ!!」。
という才人
いまあるすべてに感謝して、
いまあるすべてを喜びと感じることができる人。

高田馬場の焼き鳥店で、一緒に「メニューの大人注文」したことは
きっと、この先も自慢の種になっていくと思うのだった。

今年の野望は、野望ノートに記載されているのだけれど
久しぶりにみたら「大西先生のレッスン」「マッテオ先生のレッスン」「ヴェネチア行き」のほか
「フィレンツェ行き」←ヴェネチア行きの流れで経由することに。
「tel&Faxの新調」←抵抗はしてみたものの、業務上早々に新調することに。
「銀座かねまつで靴のセルフオーダー」←kさん、よろしくお願いします。
などなど、まだまだ「野望ノート」に記載していた事項が現実のものとなっていた。
そっかー、
じゃ、来年(2010年)はねー
ティム・バートン監督に会いたい!!
さすがに
これは、無理だろうと思うわ。わはははは。




etc. | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

新領域

2009.10.15 Thursday 22:50
廃墟アイドル。
アイドルの新カテゴリー。
自己紹介を読んでみると、「頼りがいがあって〜山賊のようだ」の一説に特に好感が持てる。

海賊のような性格者は思うのであった。

始まったばかりなのに、もうYOUTUBEにアップされている(でもN●Kからの削除依頼でけされちゃうかな)。
久しぶりの連続TV人形劇である。
三谷幸喜氏脚色の「新三銃士」
リアルタイムでご覧になれる方は少ないと思われるので
ネットでいろいろと検索してお楽しみください。

東京大学(駒場キャンパス)生協書店では、お薦め図書の一角にコミック「君に届け」がドーン!!と鎮座していた。アニメも始まったこの作品、ふ〜〜〜ん東大推薦なのか。。。。。。
「貞子じゃないし。。。」
が、深夜の笑いのツボにはまってしまった。

今期のいるみさんのご推薦は「空中ブランコ」だが、黒執事第二期のセバスチャンのご面相が、第一期よりこころなしか邪悪になっているのが、気になるこの頃ではある。
etc. | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

旧友再会

2009.10.15 Thursday 09:56
その日の霞ヶ関のある建物には、「国家戦略会議」開催のため、VIPが乗車していると思われる黒塗りの高級車が車留めに続々到着していた。そんな緊張感でピリピリしていた1Fのエレベーターホール前。
「えっ?」
「なに?」
「え”〜〜〜〜〜!!ここで、何してんのぉ〜」
周囲の『国家戦略会議』関係者が漂わせている緊迫した空気をグダグダに壊す2人。。。。。
以前、企業サイト制作で同じオフィスで仕事をした友人に偶然遭遇。
「ま、まさか、官僚になったわけでもあるまい?」
「ありえないね」
思わぬ場所での再会で交流復活。

この数時間前には、
上記の氏と仕事をする前の仕事で関わっていた、NPOの代表・事務局長と数年ぶりに面談してきたばかり。
「先日、●●さんにお会いしましたよ」
「◆◆くんは起業しましたよ」
云々云々。。。。
いろんな方々の所在が明らかになって、旧友交流がむくむくと再始動しはじめてきた。
爬虫類や両生類ならそろそろ冬眠しようか?!というこの時期に逆らうように、
旧友再会、之又友呼
な動きが一気に加速している。
「筋トレ」の石井さん&加藤さんによると、11月からは忙しくなるそうなので、その前哨戦なのだろう。
なんとなく、そんな『気』はする。

あ”〜〜〜〜
それにつけても、大西センセイからの『宿題』が全然進んでいない。
『ぬるい!!』
平野敬一郎さんの新作小説「ドーン」が佳境に入ってきた。
あと100ページほどで読了。
次に控えているのは、
ジェフリー・サックス著「地球全体を幸福にする経済学 過密する世界とグローバルゴール」
欲しいものは、時間と『例の』エアーチケット。
エコノミーククラスでいいからね。

etc. | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

やさしい食べ物

2009.09.23 Wednesday 20:46
 「片倉小十郎景綱」読了。お彼岸だし。。。。。。
ふ〜む、こういう人だったんだ。
豊臣秀吉からの好条件を蹴って、生涯、伊達政宗の家臣であり続けた。
出世とか、お金儲けとか、一族揃って下手なのね。

渋谷の食の本屋さん「COOKCOOP」のスタッフさんにすすめられて
「未来の食卓」を観る。
食についてのシンポジウムでの学者の発表と、フランスの田舎で実施されたオーガニック給食の活動がリンクし、農業に従事する人が蒙る農薬被害についてのインタビューが加えられて構成された長編映画。
オーガニック野菜が高価なのではなく
スーパーなどで売られている安い野菜には、国の助成金があてられており
その助成金は税金。
安い野菜には、本来あるべき価格との差額を私たちが税金で支払っているにすぎない。
ってことは、トータルでみれば『安くない』ってこと?!
全編ファンタジードキュメントともいえそうな柔らかい映像で、お説教臭くなく、村での会議の様子も『大人な社会』の一端を見る思い。
「G.I.ジョー」も好きだが、こういう映画も好き。

東京オペラシティギャラリーで9月27日まで開催の「鴻池朋子 インタートラベラー 神話と遊ぶ人」へ。
『鉛筆』なんだよねー(笑)。
なんだろね、この執着心。
狼、骸骨、人の顔をした山。こんな襖絵のある部屋だったら、落ち着かないったら。
彼女の作品は、大きさにかかわらず『速度』がある。
大抵は疾走するようなエネルギッシュなビュンビュン飛んでいくようなスピードなのだけれど
ゆっくりとした流れの中にも『速度』はあるわけで、
『速度』が会場を動かしていく、奇妙な浮遊感が気持ちいい。

目黒の東京都庭園美術館では9月27日まで「ステッチ・バイ・ステッチ 針と糸で描くわたし」が開催中。
玉結びを延々と続け、その結果としての作品が誕生する。
発想が斬新なだけでなく、それをやってしまう集中力。
1つ、1目の連続が『力』になる。
夜警仕事中に刺繍をする男(作家/奥村綱雄)。日常にありそうな絵なのにシュール。

私用で自由が丘へ。
自由が丘に来るのは、何年ぶりだろう。さすがに『スウィーツの聖地』(?)だけあって、ケーキ屋さんが多い。
「こわれチョコ専門店」という店が気になる。
表参道や青山のように、いかにも「お金かかってます!」な構えの店舗が少ないのが、なごむ。

●今週の本屋さん●
東京大学駒場キャンパス大学生協書籍部
専門書を探すなら、渋谷の大型書店より便利かも。
向かいの建物は学食。「イタリアントマトJr.」もあるし、御用達レストラン「ルヴェソンヴェール」もある。
東大の学生・教職員以外でも使用できる施設なので、ご近所住民の利用率がかなり高い。

etc. | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

装飾系男子

2009.09.14 Monday 21:47
『草食系男子』
は、終わった。
いまどきは、
『装飾系男子』なのだそうだ。
スカートを履いて、表参道あたりを闊歩しちゃうような男子のこと?!
スカートなら、ショーン・コネリー氏だって称号授与のときに履いていたし
L'Arc〜en〜CielのTETSUさん(ベース)はステージで履いているので
いまどき新しい! ってことでもない。
動物世界では元来オスのほうが『装飾系』なので、人間もようやく自然回帰できた?!ってことね。

◆本日の怪しい求人情報◆
月給:80万円〜160万円
ITコンサルタント系の営業職らしいが、入社したての人に80万円?!
特段難しそうな資格の規定もなく、時間外勤務がとても多いってことでも、ノルマがきついってことでもなさそう。
高給すぎる理由が不明なため、かえって怪しさを醸し出してしまった。
80万円、初見では『賞与』かと思ったサ。見直したら『月給』だって、怪しい。。。。

◆本日の楽しい求人情報◆
大根の収穫
時給:1000円
勤務時間:6:00〜12:00(週6日勤務)、12月上旬までの短期
資格:年齢、学歴、国籍不問
特典:大根持ち帰りOK
なんか、楽しそうだ。

渋谷で3軒の書店めぐり。
1軒目「COOKCOOP」
『食』に関する本だけを扱っている書店で、『夏切りコーヒー』をいただく。
「『夏切りコーヒー』の名前の由来は?」
「わかりません」
「じゃ、今度聞いておいてね」
「はい」
ふふふ、宿題ね。

2軒目「啓文堂書店 渋谷店」
課題図書の引き取り。
amazonのと表紙の絵柄が違う。
あ、価格も違う。
でも、これでいいんだよね、きっと。
宿題、始まってしまった。ふ〜。

3軒目「SHIBUYA PUBLISHING&BOOKSELLERS」
1950年代、1960年代、1970年代、1980年代、1990年代、2000年代と10年単位で本棚が構成されていた(今だけかもしれない)。
50年代ー60年代は、かわいい空気が漂っている。
70年代ー80年代は、混沌としながらもキラキラ感が飛び散っている。
90年代は、バイオレンスパワーが炸裂している。
2000年代は、かわいくもなく、キラキラも夢見ず、バイオレンスするパワーもなく、なんだか悶々として暗い。
「就職しないで生きるには」。レイモンド・マンゴー氏のこの著書が、2000年代的だ。ドロップアウトしてフラワーチルドレンになろう!って内容ではなく、起業のすすめ。
ほかの年代だったら、もっと違う言葉でタイトルをつけたと思う。
この書店の奥には『デスク貸し(月極め)』のオフィスがある。
<デスク1つ借りて、渋谷の中心にオフィスを持つ>。
これもまた書店の新しいビジネス。

むかいあぐるくんから「おひさしぶりメール」をいただく。
相変わらずチャーミングな人だ。
交流が復活すると楽しくなりそう。友達の友達のお知り合いあたりでも人間関係がつながっている。こういうパターン、自分のお友達関係には多いなぁ。

etc. | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

BRAVEHEART

2009.09.11 Friday 23:40

何があっても、
どんな心境のときでも
続けること。
それが勇気。

以前のレッスン(講演会)で、大西センセイが実践していると語った言葉。

大西センセイから(ダン・ブラウンの)「デセプション・ポイント」を原書で読んでみたら。
とお薦めされる(宿題?)。
こんなときには気分転換によいかも。
大西センセイの新番組
が始まるまでには決着したいなぁ。


昨日、千駄ヶ谷へ打ち合わせに行った後、近所にある「アートコンプレックス」へ。 
1階にあったshopが規模を小さくして2階に移っていた。
ポストカードのコーナーに、むかいあぐる くんの絵を発見。
「あ、あぐるくんだぁ!!」
あぐるくんは、最近はタレントさんもしているようだ。(ページをスクロールね。)
なんだか凛々しくなっているなぁ。

etc. | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

パリ際とゴガクルな謎

2009.07.08 Wednesday 16:51
サエキさんぞうさんから、初夏を飾るビッグイベントのご案内が届きました。
概要は↓↓↓↓です。
7月12日、飯田橋と市ヶ谷の間にある、日仏学院で、
大使館共催の 「パリ祭」が行われるます。
その音楽をサエキけんぞうさんが担当することになりました!!
本場の方に見せつける、サエキさんの「クロードフランソワ祭」です!!
このイベントには、フランス人が 5〜600人も来るのだそうです。
食べ物や飲み物など、大使館や日仏学院が 総力で販売。
そして
在日フランス大使も来て挨拶するんだそうです。
だれでも2000円で入れちゃうんです!!
(7月12日(日)13時から21時ぐらいまでやってるそうです。)
詳しくは、サエキさんのHPで。

ウィッキーさんと同じ車両にに乗り合わせた数日後
青山で「ニュースで英会話」の山内木の実さんとすれ違う。
その数時間後
大西泰斗センセイとクリス先生の講演会。
講演会終了から数十分後
マッテオ先生のイタリア語レッスンでご一緒したIさんと再会。
その翌日 
東大駒場キャンパスでロバート・キャンベル先生に挨拶される。(知らない人なのに。。。。)
この『語学関係者、立て続けに遭遇』は、
何を意味しているのか?
どこへ導こうとしているのか?
謎。
etc. | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    <*>